Laurent Garnier

profile

Laurent Garnier(ロラン・ガルニエ/2012)
アシッドハウスがヨ−ロッパを席巻した1987年に伝説のクラブ、マンチェスタ−の“ハシエンダ”でキャリアをスタート。以来25年間、エレクトロニック・ミュ−ジックのシ−ンで常に重要な役割を担い、現在では世界3大DJの一人とも称される伝説のアーティストである。その長い活動を通じてレジデントパ−ティを行っている地元フランスのREXクラブでは、彼がプレイする夜に長蛇の列ができるのはもはやパリのクラブシーンの名物とさえなっている。ガルニエはデトロイト・テクノの巨匠からも、ラジオやDJセットで獲得してきた若いファン達からも、同様にリスペクトされる数少ないDJ/プロデューサーである。

略歴
フレンチ・ハウス、テクノの第一人者として、1994年にファースト・アルバム『Shot in the Dark』を、続いてアルバム『30』をリリース。シングル「Acid Eiffel」、「Crispy Bacon」はエレクトロニックミュージック史上に燦然と輝くトラックとなった。10万人が参加したといわれる’98年にパリで初めて開催されたテクノ・パレードでは、後世に語り継がれる伝説のセットを披露。2000年にリリ−スした3rdアルバム『Unreasonable Behavior』ではさらに成熟したサウンドで、これまでよりも更に幅の広い音楽性を打ち出すことに成功し、シングル「The Man with The Red face」はその年のベスト・シングルに選出された。2005年にはシネマティックな大作『The cloud making machine』をリリース。ダンスをまったく意識しない壮大な作品に仕上げ、同年のフジロックフェスティバルへ出演も果たし、日本最大のクラブageHaでもヨーロッパのダンスサウンドの狂乱を再現した。常に新しい試みに挑む彼は、渋谷WOMBでブラジルD&B界の雄DJ MARKYとドラムンベースセットでのバトルを展開。その後、ミュージシャンを引き連れ、アルバム『Public Outburst』のLIVEツアーも行った。House、Techno、Drum n’Bass、ElectronicそしてJazzの融合は新たな反響を呼び、今では一つのスタイルとなった。その年初めて執筆した、自叙伝『ELECTROCHOC』は日本でも翻訳され、80年代末のサマー・オブ・ラブからラヴ・パレード、そしてURやジェフ・ミルズへと続くダンスミュージックの熱い季節を忠実に描いた。2008年にはAme & Dixon主宰のInnervisionsより、「Back to My Roots」をリリースし、東京のホームグラウンドであった、Yellowのクロージングは日本のクラブシーンに残る伝説となるロングセットであった。その後もアルバム『Tales of a kleptomaniac』や世界最高峰のレーベル、Crosstown Rebelsからのシングル 「Just Muzik」をリリースするなど精力的に活動し、特に、ここ数年おこなっている、LBS(Live Booth Session)というスタイルではDJとLiveという二つのパフォーマンスを融合させ、ダンスフロアにまた新たな可能性を提案し、2011年のResident Advisorのランキングでは第7位を獲得した。
ロランガルニエがDJをするその夜、何か特別な瞬間が必ず生まれるのは、世界中今も昔も変わる事がないである。

1997年の代表作「Flashback」のCHRISTIAN SMITHによる2011年のRemix
Laurent Garnier – Flashback (Christian Smith and Wehbba Remake)

 

download

Share on Facebook
Share on GREE


Comments are closed.