José Padilla

profile

Jose Padilla


 

 

José Padilla (IBIZA/Creator of Cafe Del Mar)

1955年バルセロナ生まれ。若くしてクラブDJとなりバルセロナで活動をしていたが、都会の喧騒をのがれ、1975年にイビサ島へ渡る。当時からウェイターなど をやりながらDJ活動を始める。この間10数年で、バレアリック・ハウス・スタイルを完成させる。PachaやKu(現在のPrivillege)といったクラブでDJ PIPPI、ALFREDOらとともに、’70年代、’80年代の初期イビサ黄金時代を牽引。

その後’90年代に入り一時、DJ活動を休止する も、イビサで最も有名なバー、Cafe Del Marのオーナーに誘われ再びDJ活動を再スタート。ジャンルを超えた彼のセンス良い選曲が人気を呼び、’94年にバーの名前を冠したコンピレーショ ン・アルバム『Cafe Del Mar Volumen Uno』をリリース。瞬く間に彼の名は世界に知られることとなった。翌’95年には『Cafe Del Mar Volumen Dos』、’96年に『Cafe Del Mar Volumen Tres』と年を追う毎にその人気は大きくなっていき、’98年にシリーズ第5弾『Cafe Del Mar Volumen Cinco』をリリースする頃には念願の初のソロ・アルバム『SOUVENIR』もリリース。同時にあまりに有名になり過ぎたCafe Del Marを離れる決意をするものの、ベスト盤はヨ−ロッパで30万枚のセ−ルスを記録しゴ−ルドディスクを獲得、あのマドンナも「私の愛聴盤」として

José Padillaの名前を挙げた。その後シールと元 ザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズのエンデイア・ダヴェンポートが参加し大きな話題を呼んだアルバム『ナヴィゲーター』を発表し、10年以上の時を越えて今も愛される名曲「Adios Ayer

」はここに生まれた。その後も、映画「イビサ・ドリーム」のサウンド・ト ラックの監修や、新しいシリーズ『Cafe Solo』、『Bella Musica』などを次々と発表していくなど、オリジナル・チルアウトDJとして現在も世界中からラヴ・コ−ルに答え続け、JAZZの名門BLUE NOTEのトラックでコンパイルしたBEACH CLASSICSを2012年にリリース。2015年、満を持してフル・アルバム『So Many Colours』を南米ウルグアイのプンタ・デル・エステ発、現在はイビサに活動の拠点をおくレーベルInternational Feel Recordings よりリリース。チルアウトの巨匠が極上のハウスプロデューサーでもあることを全世界に知らしめた名盤である。

 

 

 

Myspace /  Discogs

photo


Share on Facebook
Share on GREE


Comments are closed.