James Murphy

profile


 

James Murphy(LCD Soundsystem)
LCD Soundsystemのヴォーカリストにしてその頭脳でもある、NY育ちのJames Murphyにとって、幼少期はパンクロックこそが彼の救済者であった。Speedking (‘95-‘97) や Pony(‘92-‘94)のようなパンクバンドを率いて音楽活動を続けてきたが、かつての、より楽観的だったパンクが画一化してしまったことに失望し、 偶然か必然か同じ考えのもとに疎外感を感じていたTim Goldsworthy(当時David Holmesとサウンドとチームを組んでいた)と出会い、ポストパンク、パンクダンスミュージックサウンドを積極的に制作していくようになる。‘99年か らの構想に基づき、’01年にDFAを設立。The Rapture の『ECHOES』、Radio 4の『Gotham!』などの名盤を次々とプロデュースなどを経て、同名義でこなした RemixワークにはGorillaz、N.E.R.D、Chemical Brothers、Tiga、SOULWAXが名を連ねる。 ‘05年には初のアルバム『LCD Soundsystem』をリリースし、ミリオンセラーをとなり、 ‘07年にはセカンドアルバム、『Sound of Silver』、NikeとiTuneとのコラボアルバム、『45:33』を続けてリリース。アカデミー賞ノミネートされた映画監督、ノア・バーム バックの最新作『Greenberg』のサウンドトラックなどをリリースした。 ダンスミュージックを追求する過程でニューヨークのパーティThe Loftの主宰デヴィッド・マンクーソーに敬意を表し、DJセットではディスコクラッシックやガラージハウスを中心にプレイ。ミックスアルバム 『FabricLive 36』や『Disco Flashback』ではその横顔を十分に堪能できる。
LCDは’11年に 3rdアルバム『This is Happening』を最後に活動休止。その、同年4月2日に行われたラストライヴの貴重な映像を抑えたドキュメンタリー映画、「Shut Up and Play the Hits」は2012年のサンダンスやカンヌフィルムフェスティバルで先行公開され、話題をよんでいる。 現在はDFAの運営はもとより、ソロとして、GorillazとAndre 3000とのコラボトラック、「DoYaThing」のリリースや、映画のサウンドトラックのスコアを書くなどしながら、DJとして世界中のビッグフェス でプレイするなどしている多忙を極めている。

WIKIPEDIA / Official HP / Discogs

 

listen
BEATS IN SPACE

 

photo



Share on Facebook
Share on GREE


Comments are closed.